スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回ビートCS総括

簡単にですが総括をさせてもらいます。

今回のビートCSは前回よりも多くの方に参加いただきました。
大変ありがとうございます。

本戦は2ブロック制で行い、僕は本戦には参加せずヘッドジャッジという立場で大会に参加しました。


まず、デッキ分布の方は前記事であげた通りです。
予選の最多勢力は使用者9名の墓地BFで全体の約2割程です。

分布を見ていただいて分かるように前環境からの六武衆、天使、デブリ(ジャンド)、BF(墓地BF)に加えHERO系統や剣闘獣の台頭なども見て取れます。
HERO系統は光デュアルとデブリHEROを合わせてみれば使用者8名と墓地BF、六武衆に並ぶ数です。

その中で決勝トーナメントに残った最多デッキは六武衆で、なんと5名。
六武衆使用者の半数以上が決勝トーナメントに進出するという結果に。

私見ですがこの結果は、元々ある六武衆のポテンシャル(現環境では主にシエン)に加え、神の警告の減少傾向や奈落・幽閉を多く採用した対ビートダウンへのメインシフト、サイドの特化した六武衆メタが減った事が影響していると思っています。
僕が今六武衆を使っているのもこのところの意味合いが強いですw


そんな中見事優勝したのは、今大会最多勢力の墓地BFを使用したBrigadeさん!
新潟CS3位やISDCSベスト16などの入賞経験があり、あのLCSの出場資格も保持している新潟が誇る強豪プレイヤーです!

予選Bブロック8位通過からAブロック1位通過のシヴァさんに勝利し決勝までのぼりつめた勢いそのままに決勝戦の戦いは凄まじいものでした。
「ダムドがオレを呼んでいた」とのインタビュー談でも分かる通りNelphさんとの一戦はまさに激闘!

こちらは動画の方で。

動画の方はじぇねくすくんと刹那くんがYouTubeにアップする予定です。
アップ次第こちらのブログで報告させてもらいます。


そして今回も見事安定の予選落ちを果たしたステルス刹那くんがベスト16からカバレッジを取っています。
刹那くんのブログにすでにアップされていますので是非ご覧ください。
僕のブログリンクから飛べますので。


また、今回はサブイベントとして4回戦終了時の休憩時間で3人1組のチームを組んでもらいチーム戦を開催しました。
即興なのでチームの調整などのチーム的なうま味はあまり感じられなかったかもしれませんが主に交流を目的としたものです。
ラースが運営を行ったのでこちらの結果はラースのブログにアップされる予定です。



ご意見などなにかあれば非公開コメでも良いですし何でも気軽にお願いいたします。
クレームなどでも構いません。

参加いただいた皆さんありがとうございました。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サイドに回復系を入れる人が多く見られるようになってきました。
以前はそのような人も少なく、入れてると嫌な顔されたりしたものです。
でも流行してしまえば、それも一つの形なのかなと考えて仕方ないと受け入れてしまいます。

新ルールの引き分けについては具体的にどこがどう変わったのでしょうか?
間違えてる人も多いみたいで。

運営ご苦労様でした!!
プロフィール

ニノ

Author:ニノ
【Name】
 ニノ

【Age】
 25

【Home】
 新潟



主な成績

第1回ガルドCS チーム戦 優勝 個人3-2 旋風BF
第2回ガルドCS 個人戦 ベスト8 剣闘獣
第3回長野CS 個人戦 ベスト8 カエル帝
第2回ビートCS 個人戦 ベスト8 六武衆
長野チャリティカップ チーム戦 優勝 個人5-2 六武衆
第4回BURST杯 個人戦 準優勝 六武衆
第2回清水杯 個人戦 優勝 Xセイバー
デュエルターミナル杯 個人戦 4位 ドラグニティ
Unicorn杯 2位 六武衆 

第1回、第2回新潟CS主催運営
第1回、第2回、第3回、第4回ビート杯主催運営
富山サンダーバードCS チーム戦優勝 征竜
第1回石川CS 個人戦2位 征竜

ツイッター
elnino0212
スカイプ
elnino0212


相互リンク歓迎です。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。